雨量計を設置する目的は、天気予報や災害対策などにあります。天気予報では、各地の降水量を報道しています。この降水量とは、降った雨(または雪)を水の深さでとらえた数値です。雨量計では降水量を、それも全国いたるところで常時計測しています。寒冷地でも使えるように、ヒーターや電熱線の付いたタイプもあります。観測にあたっては、ある観測地点とその周辺の観測地点の数値の比較がなされます。比較により、1つだけ異常なまでにかけ離れた数値を出していたときに、故障の可能性を疑えます。また、そのときは周辺のデータから該当地点の降水量の大まかな予想も立てられるでしょう。気象庁は、各地から得られたデータをもとに作成した解析雨量・降水短時間予報を公開しています。過去の雨の模様と、数時間先までの予想降水量がわかるようになっています。私たちは。雨量計から得られるデータに毎日世話になっているといえます。

雨量計を使って降水量を把握しよう

雨量計を使えば自分で降水量を計測できるので特別な技術はいりません。そして特別な機会もいりません。簡単な方法で降水量を測ることができます。それはペットボトルです。手作りなので多少の誤差が出ます。正確に測りたい方は専門の器具を買いましょう。一番主流な雨量計が「転倒ます型雨量計」です。これは地方公共団体や運輸・電力などの事業者が使っています。口径20㎝の受水器と濾水器とますを使い降水量を測ります。大きな器具で測るわけではないので手軽に計測することができ簡単です。天気予報は大きな町の降水量しかテレビで流してくれないので自分の目で判断できリアルタイムの降水量が分かります。これが分かることにより「外出するべきか」などの判断ができ身の安全を守ることにもなります。お子様がいる家庭は子供に危ないと注意でき、手作りのペットボトルを一緒に作るという親子の大事な時間にも繋がるので雨が降るのがもしかしたら楽しみになるかもしれません。

自動雨量計の主な二種類の違い

雨量計は雨の量を量るための機械です。この機械の使い方は、日本の場合で直径が二十センチ程度の漏斗型の受水器で雨が直接は入るように設置し、その量を測ります。この機械は自動で行われる者が主流で種類は主に2種類あります。ひとつは貯水型雨量計、これは雨がふれば貯水タンクと呼ばれる部分に水が溜まり、タンク中に設置されているフロートに連動しているペンが動き雨量が自動的に紙に記録されるという仕組みの機械です。もうひとつは転倒ます型雨量計、これは雨が機械に入りそれがたまっていきますが、その時「転倒ます」に0.5mmもしくは1mm分の水が入ると、自動的にその水の重さで「転倒ます」が動き電気信号に依って記録されるという機械です。どちらにも長所があり、転倒ます型は、電気で計測を行うのでコンピューター管理が簡単なところであり、貯水型は細かな変化もしっかりと測定できるという点でしょう。