雨量計には、「転倒ます型雨量計」と「貯水型雨量計」があります。転倒ます型は、転倒ますに1mm程度が降雨すると、その水の重さを感知して電気信号により記録されるタイプです。また貯水型は、降雨量がタンク内に溜まり、タンクの中に設置されている浮きによってペンが動き記録されるタイプです。こちらはどちらも利用メリットがありますが、転倒ます型は装置自体が小さく利用しやすいこと、また電気で管理するためコンピューターやインターネット上などでの統計などが簡単であることなどが挙げられます。しかしデメリットがあることも事実、0.5mや1mm程度で記録されるので、些細な変化に対応しにくいこと、停電になったときに困ると入ったところでしょう。貯水型は、1mm以下の降雨量も測定できるメリットがあります。電気を使っていないので停電などに対応しなくても良いこと等があります。デメリットに関しては、装置が少し大きめなこと、それに記録するための装置が測量するものと一体になっているので、コンピューターやインターネット上などでの記録装置が付けにくいことでしょう。

雨量計の設置場所や注意点

雨量計は雨の量を測るためのもので、20センチ程度の円柱型の機械です。その円柱形の機械に雨水が溜まるように設計されており、その量を量ることにより降雨量を測定するための器械です。雨量計の設置については、一定の基準があります。第一に高い木や建物からは離して設置すること、高い建物などの側に設置すると風が乱れて機械へとうまく雨水が入りません。また高い木も同様ですが、他にも葉や花びらなどが機械に詰まってうまく測量できないということもあります。近くにそれらのものがあるときは、その高さの2倍から3倍程度、あるいは10m以上離すことが必要です。また雨量計の近くに物があったりするとそれにあたって跳ね返り、余分な雨水が入ることにもなりかねません。周囲には何も置かないように気をつけましょう。屋上への設置については、あまりおすすめできませんがその場所で設置をしたい場合には、なるべく建物の中央に置きましょう。建物の端に置くと、吹き返しの風で測定値が乱れる恐れがあります。

雨量計の基本的な知識

雨量計は降水量を測量するための器材になります。受水器である漏斗状のものから器材内に通された雨水量を測定することにより、降雨量を実測することが実現可能です。入水器に対して電熱線および過熱油といったヒーターを装着している計器を活用することになれば、寒冷地の方で雪なども実測することが実現可能です。雨量計については天気予報の他に、いろいろな機能に活用されています。それらの機能の中でもたくさんのウェイトを埋めているのが防災気象になります。河川においての氾濫であるとか都市のための機能をマヒさせる部分的な集中豪雨など、降雨が原因のダメージは多くのものとなる場合が大半のためです。そうしたものを事前に防いだり、ダメージを最低限に止めるために雨量計が利用されています。リアルタイムで監督するための集中監視のシステムなどを採用するところもよく見られます。