降水量を測定するための装置として、雨量計があります。気象庁のホームページには、一般的に使われている雨量計の原理と構造について、詳細な記載がありますので参考にされてください。雨量計の基本的な動作原理は、鹿威しと同様です。受水器で集められた雨は、転倒ますに注がれ、一定量に達すると倒れて排水される仕組みです。この動作を繰り返すことで、倒れた回数とあります容量は0.5mから、降水量を換算することができます。繰り返し動作をしますので、手作業を省き自動運転も可能です。転倒ますへの雨の吹き込みがあったり、降水の量が多いときなどが誤差の原因となる場合があります。設置場所については、誤差の要因となる樹木や建物が周囲にあるところは、できるだけ避けます。寒冷地では雪を溶かしながら測定するなどの、特別仕様の装置もあります。

2種類ある貯水型雨量計のそれぞれの働き

貯水型雨量計には、貯水型支持雨量計と貯水型自記雨量計の2種類があります。前者は、受水器に集まった降水を雨量ますという目盛りの付いた容器に溜め、その量を目視で観測します。これは、取り扱いが簡単なためボランティアなどの素人でも観測でき、お金をかけずに観測網を設けることができるのがメリットです。しかし、雨量ますが一杯になってしまうと測定不能になることや、放置した際に降水が蒸発して降水が不正確になってしまうため、無人でできないことがデメリットです。後者は、貯水槽に溜まった降水の重さで記録ペンが作動します。そして、ゼンマイなどの動力で回転するドラムに巻かれた記録紙に自動的に貯水量を時系列で記録する仕組みになっています。これは、降水が一定量を越えると排水する仕組みになっているので、長期間自動観測することができます。

雨量計の種類と仕組み

雨量を測るための機器には、貯水型雨量計と転倒ます型雨量計があります。日本の公共的な気象観測に用いられているのはこの2種類です。前者は降水を貯水ビンに溜め、雨量ますに移して降水量を求めます。後者には転倒ますと呼ばれるものが内部に備えられています。内部のますはシーソーの支点上で接続されていて、降水が片方の転倒ますに溜まると鹿威しのように傾き排水されます。続いて流れる降水はもう一方の容器に入るようになっています。これで1時間に何回転倒したかの回数によって降水量を計ることができます。無人でできることや長時間観測できることから、多くの公共機関で採用されている方法です。また、近年ではレーダーを使った観測方法も編み出されており、これも広く採用されています。レーダーで降水粒子からの電波反射を観測し、降水の分布と強度を計ることができます。広い範囲の降水量がわかりますが、誤差が出やすいので雨量計による観測結果も加え補正しなければいけません。