雨量計とは、雨水を測定し降雨量を量るための機械です。雨は、一時間降ったり10分だったりと不定期ですのでそのたびに測定していると一日中離れることができません。そうならないためにあるのが、自動雨量計です。自動タイプは定期的にかつ自動的に降雨量を量ることが出来るのでとても便利です。しかし自動雨量計を設置した場合に気をつけなければならないのが、様々なトラブルです。なかでも葉っぱやゴミが計器の中に入ってしまうことで、うまく測量できないというケースが最も多いとされます。また計器の上や中にクモが巣を作ってしまうというケースも見られます。そうならないためにも定期的に点検をして、雨水が問題なく入るかどうかをチェックする必要があります。特に暴風などの場合には、点検後すぐであっても確認しておく必要があるでしょう。

雨量計を使って雨量を的確につかむことの重要性

気象観測はさまざまな分野に分かれており、それぞれが、独立したり、あるいは従属的に、日々の気象観測がなされています。大雨による土砂崩落災害などは、テレビで毎日のように報告されていますから、それで、人々の関心も高まっているのでしょう。大切な気象観測の一つに、雨量計を使った雨量観測があります。ゲリラ雨や梅雨時の気象観測の大切さは、いう間でもありませんが、それは、観測データに基づき、早めに退避勧告などを発令できるからです。雨量を測定することは、防災の観点から非常に重要です。特定の地域で蓄積された気象観測データは、現地に住んでいる住民たちの強い味方となり得ます。地域を管轄する行政区などは、地域住民たちに対して、早め早めの退避勧告や警告ができるようになるからです。それらの屋台骨を支えているのが正確な雨量計です。

雨量計の特徴や活用法

雨量計は降水量を計測するための機器で雨水の量を測る事で降水量を観測する事が出来ます。雨量計には貯水のタンクが付いており、貯める事で計測する事ができ貯水タンクには浮きが入っている為、この浮きが上下する事で測定される仕組みとなっています。計測の仕方も様々で受水器に集めた降水量を計測する比較的簡単に計測出来る貯水型や転倒ます型はシーソーの始点で雨量を集め、転倒の数と数値を計測します。その他にも降水粒子から電波反射を計測し雨の分布や強度などを計測するレーダーによる観測などがあります。また大雨により土砂災害の起きる可能性がある様な場所には雨量計を設置し、頻繁に雨量を計測する事で土砂災害の起こる可能性の有無がわかり、一定基準以上の雨量となった場合には迅速に避難する事ができ、被害を最小限に抑える事が出来ます。

風の観測をすることで、災害の被害の軽減や船や飛行機の安全に役立てられます。 世界中の、あらゆる環境にも耐える気象観測グッズを販売しています。 気象観測のデータを、パソコンやスマートフォンで確認が出来るので遠隔地でも使用出来ます。 水位計には、河川の測定をするものやタンクなどの水位を測定するものがあります。 土壌水分計には、持ち運びが出来るタイプのあるので、移動しながら数値を測ることも出来ます。 雨量計の購入をお考えなら気象観測アシスト